brand
武蔵コーポレーション株式会社 東京本部
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内29階

連携メディア

武蔵コーポレーション東京本部 オフィスデザイン

不動産投資を行う顧客のために、不動産売買と賃貸管理を中心に事業展開する武蔵コーポレーション。今回はパシフィックセンチュリープレイス丸の内の東京本部オフィスを紹介します。

武蔵コーポレーションは「幸せな仕事が、幸せな人生をつくる」を軸にした考えとしております。そのためにオフィス環境への投資はもちろん、社内制度も独自のものを取り入れています。

オフィス全体のコンセプトは、同社の顧客対象である富裕層の方に安心していただける重厚感と、今後の事業成長に欠かせない採用のために、訪れる学生に好感をもってもらえるようなスタイリッシュさの両立です。

まず、白と黒を基調としたエントランスは、爽やかさと明確さを想像させてくれます。さらにエントランス内には、社員ひとりひとりのキャラクターが分かるイラストを掲示しており、訪れるお客様をお迎えしてくれます。

そしてエントランスを抜けると、複数のミーティングルームがあり、29階ともあって窓からはスカイツリーから都心の景色を一望することができます。

ミーティングスペースを抜けると、壁などの仕切りもないワークスペースエリアが広がり、社員同士での風通しの良さを感じる空間となっています。またワークスペースの窓側には、打ち合わせができるスペースも設けており、集中しながらもリラックスして打ち合わせができることから人気の場所になっています。

さらにオフィス内で目を引くのは「M.Cafe」と呼ばれるフリースペース。こちらは様々な目的で使えるフリーな空間になっており、社員がここで休憩をしたり、ご飯を食べたりすることが目的の空間になっています。

Copyright (C) MUSASHI corporation. All Rights Reserved.


同社は、人材専門のコンサルティング会社に調査を依頼したところ、モチベーション偏差値が84という指数で2,000社中、数社しかでないような驚異的な数値を出しています。それはもちろん事業の楽しさ、安心して働ける社内制度。そしてよりよいオフィス環境が影響しております。

武蔵コーポレーションが最も大事にするのは「人」。
これからも日々事業や社内制度とともに進化していく、武蔵コーポレーションのオフィス環境にこれからも注目です。



【武蔵コーポレーションここに注目】
■奨学金返済支援制度
 現在、 4年制大学生の50%以上、大学院生の60%以上が大学等の奨学金を受給しておりますが、月々の返済が滞ってしまうケースも多く、 平成26年度の奨学金利用者約133万人のうち、返済を3カ月以上延滞している人は約17万人にも上っています。そのため、一般的に入社間もない社員にとっては給与に占める奨学金返済額の割合は決して小さなものではありません。

そこで同社は、奨学金返済支援制度を導入し、在学中に奨学金を借りていた社員に対し、会社が給与に上乗せして奨学金返済額を支給。総返済額の上限はなく、返済終了まで支援する制度を導入しています。これにより社員が経済的・心理的な負担なく就業に専念できる環境の実現しています。

またこちらの制度は、一人の社員の意見から、約3ヶ月後には制度を確立されたということ。まさに武蔵コーポレーションの「人」を大事にする経営理念が、ここにも強く現れています。


【その他、社内制度】
■家賃補助制度
・会社の指定する賃貸住宅に居住の場合、家賃の半額を会社負担(独身者は上限2万円、既婚者は上限4万円)

■育児休暇
・最長2年間(勤続1年以上)、子供が小学校入学までの時短勤務が可能(9時~16時)

■カフェテリアプラン
・社員が旅行や帰省等に利用した交通費及び宿泊費の一定割合(60%)を上限年間6万円まで会社が負担します。利用は自由ですので思い思いの形で利用しています。

■東急ハーヴェスト利用
・会社で法人契約している東急ハーヴェストクラブの各施設を年間3泊まで会員料金で利用できます。那須、軽井沢、熱海等人気のリゾートエリアで高級施設を利用してリフレッシュします。




【企業情報】
会社名    武蔵コーポレーション株式会社
URL     http://www.musashi-corporation.com
設立     平成17年12月9日
代表     大谷 義武
本社住所   埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル21F
東京本部   東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内29階
採用情報   http://musashicorp.jp/recruit/