株式会社文祥堂
東京都中央区銀座三丁目4番12号
1959年、日本で初めて書架用角パイプ支柱を開発、1962年、日本で初めて電動式移動棚を開発、1963年、東京大学附属図書館様に電動式移動棚第1号機を納入させていただきました。手動式移動棚も併せ、納入件数約3万件もの実績があります。
環境への配慮や安全・安心の提供などこれから考えらるであろうお客様のニーズを先取りした提案をさせていただきます。半世紀もの間、移動棚にこだわりをもって作り続けているからこそのノウハウを活かし、これから50年、100年と移動棚のトップを走り続けてまいります。

取り扱いブランド

トップアクセス

武蔵野美術大学様 電動式移動棚E・モーション導入

事例情報

【ポイント① 可変速機構(スロースタート・スローストップ)】

収納物が貴重な絵画のため、棚が移動する際には絵画に衝撃が加わらないよう、細心の注意が必要です。しかし、移動速度が遅すぎても棚の移動に時間を要してしまいます。
衝撃が加わりやすい移動開始時と停止時の速度をスロー設定することで、移動時間短縮及び衝撃の緩和を実現した機構です。


【ポイント② 化粧板のパンチングメタル仕様】

収納物の保存状態を考慮し、化粧板をパンチングメタル仕様にしております。
通気性の向上につながり、貴重な絵画の保存に適した仕様です。