Retty小迫明弘VPoEにインタビュー”働き方もカルチャーも個人戦からチーム戦へ”

Retty株式会社

Retty株式会社エンジニアリング部門執行役員の小迫 明弘さんに、Rettyのエンジニアの働き方や仕事をする環境、エンジニアチーム、開発体制などについてインタビュー

エンジニアの働き方

――コロナ禍でRettyのエンジニアはどのような働き方をしていますか。

このコロナで緊急事態宣言が出る前くらいから弊社は、フルリモート推奨という体制にしていました。

その後、一度目の緊急事態宣言が終わったときは、基本はリモートワークで、週2出社推奨にしました。不安な方はリモートを継続してもよいという形でした。

その後、また緊急事態宣言が発令されたときは、基本的にはリモートをベースとしております。

今後、フル出社には多分戻さないですけれども、ワクチンの接種が進んである程度感染リスクが下がってきた段階で出社の割合は一定戻す予定はしております。


――コロナウイルスが拡大する前からエンジニアはリモートを推奨していたと。

そうですね、コロナの感染が広がりそうということで本格的にリモートワークを導入したのですが、それ以前からエンジニアに関してはリモートを取り入れていました。

頻度は人それぞれですけど、子どもが生まれたときや子育てなどプライベートの状況に合わせてフルリモートを希望する人も多く、それはOKとしていましたね。


――リモートワークをするなかで、エンジニアチームで発生した問題点や課題点はありましたか。

大きな問題や課題は無かったというのが正直なところでして、それは以前からリモートワークができる環境に整えていたためだと思います。

ですが、まったく課題がないということではなく、リモートワークにしたことで2つの課題が出てきました。

一つ目は、雑談や気軽なコミュニケーションができないということ。

二つ目は、リモートに移行した最初の段階は、働き過ぎる問題が結構あり、プライベートと生活の区切り目がつかなくなったことです。


――そういった課題にはどのような対策を。

雑談や気軽なコミュニケーションができないという課題に対しては、Discordをチームのコミュニケーションツールとして取り入れました。

以前ミーティングをするときは、Google Meetを使っていましたが、これってミーティングするぞって言わないとなかなかコミュニケーションが始まらないんですね。

なので、Discordをチームのコミュニケーションツールとして入れて、基本的にはチーム全員がオンラインにいる形で、常に繋げて会話をするみたいな工夫があります。
 
また、働きすぎる問題については、定時をしっかりと決め、早目に終わるようにしようというコミュニケーションを積極的にしました。そのため、早目にスパっとあがるようになってきましたし、これもDiscordで常に繋げて会話をするようになったためだと思います。


――これからウィズコロナ、アフターコロナといわれる中で、エンジニアチームの働き方はどうしていきますか。

じゃあフルリモートでいきましょうっていう話にはならないかなと思っていて、以前からあったようにリモートワークは活用しつつ比率も上げようと思っています。

一方で、週の半分くらいは会社に来てもらった方がやっぱりいいのかなとは考えています。


――リモートワークと出社を両立するということですか。

そうですね。やはりコミュニケーションを取ることでメンバー同士の信頼関係が作れていたと思ってまして、逆にいうと新しく入ってきた人は結構苦労しているんですよね。

それも、チーム内ならまだいいですが、チーム外とのコミュニケーションとなると、なおさら発生しにくい状況があります。

そういった意味で、どうしても会社全体にネットワークを作れないので、リモートワークと出社は両立していくのがいいと思っています。

エンジニアをサポートする社内制度

――エンジニアに対して力を入れていることを教えて下さい。

エンジニアには、パソコンや椅子、モニターなどは基本的に自分の欲しいものを自由に選んでよいことになっています。まあ無茶なものじゃなければですけど(笑)

あとは、ガジェット手当というのもあり、会社が半分費用を出すので好きなガジェットを購入していいという制度もあります。例えば、スマホを買い替える人や自分の好きなキーボードとかを揃える人もいます。

※現在新型コロナウイルス感染症の影響で一時的にストップしております。


また、手当とは別なところでいうと、就業時間中に勉強会に行っても、その時間は仕事時間扱いになります。


――なぜエンジニアのためにそういった制度を導入しようと。

エンジニアって色々と道具を購入したり、勉強をしたり、カンファレンスに参加したりするのにお金がかかるんですね。しかも、みんな自腹でけっこうやるんです。

会社としては、エンジニアが勉強したことや新しい好奇心は、事業に返ってくると考えていて、そこに対してしっかり後押しする方が良いと思っています。

あとは、デスクワークが多いと椅子はすごく大事でして、椅子が良くないから体調を崩されても本末転倒なので、ちゃんとサポートするところはしたほうがいいと考えていてます。

エンジニアの仕事環境

――エンジニアが仕事をする組織、チームについて教えて下さい。

以前、エンジニアは、企画部門や事業の部門などそれぞれ分かれていましたが、現在は、エンジニアリング部門というエンジニアだけが所属する開発組織にいます。

エンジニアは全員で約40名になり、バックエンドエンジニア、フロントエンジニアのいわゆるWeb系エンジニアが30人。ネイティブアプリ、iPhoneアプリ、Androidアプリを開発するエンジニアが5名。インフラのメンバーが5名です。


――以前はエンジニアの部門は分かれていたと。

以前までは、事業部制という形をとっていましたが、メリットデメリットがあるんです。

前まではメリットの方が大きかったですが、事業が成長するに従って横の連絡がやりにくくなってきました。

なので、専門職は専門職で固めた方が上手くいくということで、2年くらいかけてエンジニアリング部門にまとめました。


――開発体制はどのようになっていますか。

スクラムを大規模にするためLeSSを取り入れています。派遣という形をとっているところもありますが、エンジニアリング部門に対して色んなところが要望を持ってくるという感じですね。

なので、プロダクトやプロジェクトにエンジニアをアサインするというよりも、優先順位を決めて、会社にとって重要であるものから消化していきましょうという形になっています。

以前は、優先順位に対して割り込みや差し込みが結構多かったです。けれど、結局それって優先順位大事なの、大事じゃないのと言われるとよく分からないみたいな。当然ながらみんな自分の方が大事だって言うじゃないですか(笑)

なので、やることに対してまず一番大事なものから上に並べるようにして、それから上からやれば問題無い、という体制にしています。

当然それだけでは全部が成り立たないので、特定の開発にアサインしたり、専任でやったりというのは何人かいます。体制に合わせて分けていますけど、メインは優先順位をつけてやるようにしています。


――例えばどういった流れで進んでいくのでしょうか。

例えばですが、プロダクト部門という数字責任を持った部署があります。彼らがKPIに対して、このKPIを伸ばすためにこういう施策をやろう、こういう課題を解決しようというのを決めます。

じゃあどのくらいでできるんですかっていうのをエンジニアと相談して、このくらいの効果が出そう、これくらいの工数がかかりそうというのを出した後、それを優先順位に並び替えて実行する感じです。


――エンジニアからの施策提案やアイデアもあったりするのでしょうか。

そういうのも全然ありますね。

基本的にやりたいことやアイデアは、どこから何を言っても良いです。それを最終的にやるかやらないかは、会社にとって重要なものを決めてからです。

エンジニアチームについて

――エンジニアチームのカルチャー、社風はどうでしょうか。

エンジニアリング組織でとても大事にしているのは、チームワークやチームで働くということです。

個人で成果を出せる人、個人でやっていける人もいなくはないですが、ベースとしてはチームでチームの成果を最大化してくださいというのが基本的にあり、そういう働き方や成果の出し方を評価しています。


――チームワークを重視するカルチャーはどういった理由から。

以前は個人戦でやるような会社だったんです。

なので、サービスが大きくなっていくに従って、人に依存するものが増えていき、誰にもわからない機能やサービスが増えてきてしまいました。

特定の人に依頼が集まったり、このことは誰それさんに聞いてくださいだったり、できる人にやたら仕事が集中してしまうんですね。そうなると、みんなの成長機会を奪うことになります。

そのため、チームの中で自分だけができるようなことは、最初はあってもいいけれど、それをみんなでできるようにしてくださいとしています。

そうしていくと、あなたも新しいことができるし、教えてもらってできるようになった人も自分のできる幅を広げられるよねといった感じです。

そういったことから、チームワークやチームで働くということが大事にしています。


――チームワークを重視する具体的なエピソードや取組みはありますか。

なにか困ったことがあれば、一緒に作業をしようというのがかなり増えています。

Discord上で自分の画面を共有して、あーだこーだ言いながら複数人で一つの画面を見ながら開発するというのは結構多いですね。

分からないんだったら一方的に教えるんじゃなくって、一緒に作業しようみたいな感じです。

そうやってやってきたので、できる人がある程度広がり、誰が休んでも困らないようになってきています。

エンジニアがRettyで仕事をする魅力

――エンジニアがRettyで仕事をする魅力ってなんでしょうか。

「チーム」を大事にしているので、チームで成果を出したいというカルチャーがいい人には魅力がある会社だと思います。

あと、もう一つの特徴として、サービスが好きなエンジニアが多いです。

なので、もちろん技術も好きなんですけれども、Rettyというサービスのことが好きですし、よく使う人なんですよね。

自分が使うサービスを開発しているっていう感覚である人が多く、サービス志向が強い人が多いです。サービスをグロースさせる、成長させる、より良くするに対して、コミットしたいや魅力、やりがいを感じる人にとってはいい会社だと思います。

なので逆に言うと、技術にしか興味がなく、サービスにはまったく興味がないよっていう人はすごく向かないと思います。


――そういったなかで、どんな人と一緒に仕事をしたいですか。

まず、サービスを成長させたいという意思を持っているかどうかはすごく大事です。サービスにコミットができる人は一緒に働きたいの第一条件になりますね。

それと、スキルが高いとか新しいことが好きだとかは当然大事ですが、チームで働くやチームで成果を出すに対して、個人のプライオリティよりも上にある人とも一緒に仕事がしたいです。


Retty株式会社 エンジニアリング部門執行役員 小迫明弘さん 

立命館大学を卒業後、数回の起業で企画 やデザイン等経験した後、2015年にRettyにエンジニアとして参画。
Engineering Managerとしてエンジニア組織改善 にも関わり、現在はVPoEを務める。

(写真:Kashinaga)

Retty株式会社