株式会社エウレカのオフィスと働く環境 - 「あってよかった」のミッションを体現

株式会社エウレカ

株式会社エウレカのオフィスは、都営大江戸線 赤羽駅から徒歩5分、地下鉄南北線 麻布十番駅から徒歩6分の場所にある住友不動産麻布十番ビル4階に構えている。

個人の責任を前提に働く場所を固定しない自由な働き方として「Hybrid Work Style」を定め、オフィス出社とリモートワークを自由に選択できる。(緊急事態宣言下においては原則リモートワーク出社)

エウレカで仕事をするとは、どんな環境で、どういった働き方をするのだろうか。オフィス環境と一緒に働き方も見ていこう。

エントランス

ウッド調の優しく、温かみのあるエントランスからエウレカのオフィスに入っていく。


Archimedes Cafe(アルキメデスカフェ)

オフィスの一角にあるスペースが「Archimedes Cafe(アルキメデスカフェ)」というカフェスペース。


このカフェには、人気コーヒースタンドの「The Local」のスタッフが駐在していて、本格的なコーヒーを入れてくれる。メニューは、コーヒーやカフェラテ、紅茶、オリジナルドリンクなど。

また、オフィス内で100円から200円で購入できるお惣菜やお菓子などがあり、ランチやおやつなど好きなときに食べられる。

株式会社エウレカが導入している福利厚生一覧

アクロポリス(ベンチコーナー)

「Archimedes Cafe(アルキメデスカフェ)」の正面にあるのが「アクロポリス(ギリシア語: ἀκρόπολις)」という名称がついているベンチコーナー。


食事をしたり、軽いミーティングをしたり、作業をしたりできるスペースとなっている。

またエウレカでは、職場復帰を支援するため、育休中に上長と1on1面談や重要会議への出席を継続できる制度が用意されており、子どもを会社に連れてくることも可能となっている。

他にも、結婚記念日やパートナー・子どもの誕生日、入園・入学・卒園・卒業式に1日休暇が取得できたり、ペットを病院に連れて行くため半休を取得したり、プライベートを充実させる制度も用意されている。


こうした福利厚生や社内制度を整えている理由について、CTOの金子慎太郎さんは、「エウレカのミッションをベースにしています。」と語る。

エウレカ金子慎太郎CTOにインタビュー - “平等に”ではなく、“公平に”挑戦する機会があるエンジニア組織


また、実際のオフィス内は、エンジニアの要望からオフィス全体で暖色系のライトを使用しており、落ち着いた環境で仕事ができ、目に優しいオフィス環境となっている。


会議室

全部で8部屋ある会議室には、全室にApple TVとモニターを完備。カメラ付きの会議室ではオンラインでのミーティングにも対応している。


執務室

エウレカでは、個人の責任を前提に働く場所を固定しない自由な働き方として、「Hybrid Work Style」という制度を用意している。オフィス出社とリモートワークを自由に選択できる。

また、「高級チェア貸与」という制度もあり、入社した社員には高級チェアを選べる制度を用意している。

セミナースペース「Agora(アゴラ)」

100名程度が入るセミナースペースは、Meetupや合同懇談会、もくもく会など様々なイベントが開催される。


エウレカのキャラクター「アルキメデス」のイラストが入ったオリジナル卓球台が用意されており、息抜きやコミュニケーションの一貫として卓球を楽しんでいる。

またエウレカの制度では、WWDCやGoogle IO、F8、その他海外カンファレンスへの参加を推奨しており、往復航空券や宿泊費、チケット代を会社が負担してくれる制度も整えている。国内カンファレンスでもOKのようだ。

株式会社エウレカが導入している社内制度一覧


株式会社エウレカのオフィス情報

所在地:東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル4階
アクセス:都営大江戸線 赤羽駅から徒歩5分 地下鉄南北線 麻布十番駅から徒歩6分

株式会社エウレカ