エウレカ金子慎太郎CTOにインタビュー - “平等に”ではなく、“公平に”挑戦する機会があるエンジニア組織

株式会社エウレカ

株式会社エウレカCTOの金子慎太郎さんに、エウレカのエンジニア組織について大切にしている思想や働き方、働く環境、エウレカで仕事をする魅力などをインタビュー。

手厚い福利厚生や制度については、「エウレカのミッションに紐づいている。『人生に“あってよかった”』を生み出すエウレカの社員が、働く中で訪れる『出産』や『育児』あるいは『介護』といったライフイベントで何かをあきらめることがあってはならないと考えています。環境に依存せず、誰もが活躍できるように働き方やライフステージに寄り添った制度にしています。」と語る

また、「エンジニアとして常に、チャレンジする環境で仕事ができる。“平等に”ではなく、“公平に”機会をつくる」という。

エウレカのエンジニア組織にはどんな思想があり、どんなエンジニアがフィットするのか。エウレカCTO金子慎太郎さんにお伺いしてきた。

“平等”ではなく、“公平”に機会をつくり、さらに伸びていく組織を。

―― エウレカのエンジニア組織について教えてください。

エンジニア組織は、CTOの僕がいて、その下に開発組織やデータを取り扱う組織などを束ねています。

開発組織にはサーバーサイドエンジニアやアプリケーションエンジニアなどが在籍し、データを取り扱う組織は分析や機械学習などを扱っています。他にも、セキュリティや情報システムなどのチームも存在します。

実際に開発をするときは、各プロジェクトのチームを作り、そこにプロダクトマネージャーやデザイナー、エンジニアなどが集まるプロジェクト制をとっています。


――そんなエンジニア組織のトップにいるCTOですが、仕事をする上で心がけていることはありますか。

そうですね、2つあります。

まずは、僕自身がエンジニアがいる場の議論では発言をあまりしないようにしていることです。

これまでは、色々な意識決定の場で僕が意見をしたり、発言したりすることが多かったのですが、それをやっていると、これからのエンジニア組織が拡大しにくくなってしまうと感じました。

なので、そういったことは、マネージャーの人たちに渡していくように最近は気をつけています。


――メンバーに任せてさらに成長を促していくということですか。もうひとつはいかがでしょうか。

もうひとつは、それぞれのエンジニアメンバーの個性を踏まえたうえで挑戦できる機会をつくるようにしています。

“平等に機会を与える”ではなく、“公平に機会をつくる”とよく言っています。

例えば、チームを引っ張ってパフォーマンスや成果を出している人はもっと伸びていけるように、逆になかなか成果が出せない人は自分自身の技術力を磨いていけるように、メンバーに公平に機会を提供していくように心がけています。


――“平等に”ではなく、“公平に”ですか。

そうですね、なので若手でもいい成果が出ているなら、それに応じていい機会を提供しています。

平等に機会を与えているのは昔ながらの年功序列の考え方で、それだと組織としてさらに伸びていくのは難しいと思うので、公平に機会を与えていけるようにしています。


――エウレカのエンジニアが大切にしている思想や組織にフィットする考え方はどうでしょうか。

大切にしているのは、エウレカのビジョン「かけがえのない人との出会いを生み出し、日本、アジアにデーティングサービス文化を定着させる。」です。

“自分が作っていて楽しい”ではなく、“他の人の幸せを作ることが楽しい”と考えられることを大切にしています。


――そんな思想を持っているエンジニア組織にはどんなカルチャーや特徴がありますか。

コミュニケーションを頻繁に行う人、コミュニケーションを臆さない人が多いです。

また、他の職種の人も尊敬できる人をとても大事にしています。


――他の職種の人に対する尊敬ですか。

ITの世界では「エンジニアは、プログラミングができるから偉いんだ」と考える人もいますが、僕はまったくそう思いません。

エンジニアは、仕事をするときにプログラミングを使っているだけで、例えば経理の方は経理専門の仕事があり、マーケティングにもマーケティング専門の仕事があります。

どこかのポジションが抜けた瞬間に会社は成り立たなくなるので、どれが偉いということではなく、それぞれが他の職種もリスペクトしたうえで仕事をしていくことを大切にしています。


――コミュニケーションの面で具体的なエピソードはありますか。

各チームで勉強会をよく行っています。エンジニアの人たちが自発的に始めていて、一週間毎に何かしらのテーマを決めて話しています。

またあるチームは、一人ではモチベーションが上がらないからみんなでやろうということで、リモートワーク中にランチを食べながら書籍を読む会をやっていました。


――技術面では、どういった特徴が。

2、3年のタイミングで技術的な革新があるので、しっかりとキャッチアップして、それをどのようにしてプロダクトに入れていくのかをよく考えています。

やはり新しい技術をプロダクトに導入するのは大変なことですが、それが楽しみであり、それをやっていきたいですし、やれるような組織だと思っています。

私も一エンジニアとしてそんな考えを持っているエウレカのエンジニア組織が好きですね。

「あってよかった」をベースに、仕事をしていて諦めて欲しくない

――アフターコロナ、ウィズコロナといわれますが、エウレカのエンジニアはどのような働き方を。

エウレカでは、現在のコロナの状況を踏まえて「Hybrid Work Style」という働き方を導入しています。オフィス出社とリモートワークを自由に選択できるものです。例えば週1、週2のタイミングで、チームで予定を合わせてミーティングをやっていき、個人ができる仕事はリモートワークでやるといった働き方になると思います。


――エンジニアの働き方や働く環境で力を入れていることはありますか。

会社で用意している福利厚生や制度は様々ありますが、エンジニアの人がよく使っているのはいくつかあるのかなと。

あとは、まだ検討中で導入してないものですが、エウレカとしてはエンジニアにプロフェッショナルを高めてほしいと思っていて、例えばAmazon Web ServiceやGoogle Cloud Platformの資格更新の費用や認定資格のサポートなど、エンジニアがよりよい環境で働けて、さらに成長していけるようなものも日々検討しています。


――実際にエンジニアの人に使われている福利厚生や制度はどんなものが。

例えば、WWDCやGoogle I/Oといった海外カンファレンスに参加するために、ホテル代や飛行機代、チケット代をすべてサポートしています。

実際に現地に足を運んでもらって、その場の空気や雰囲気を感じ取ってもらいたいなと。

もちろん国内のカンファレンスでもOKです。


――エンジニアだからこそみたいなのはありますか。

技術書や仕事の役立つ書籍を上限なく購入できる書籍補助や「スペック選べる制」という制度では、パソコンはハイスペックのものを自由に選択できます。

あとは、自己研鑽手当として、毎月1万円支給をしていまして、勉強したい本を購入したり、触ってみたいサービスや技術を使ったり、プライベートサーバーを契約する人もいたりします。


――新しい知識や技術の取得、快適な開発環境をサポートしているのですね。働き方の面ではいかがでしょうか。

リモートワークにおける仕事環境を整えるための費用を定期的に支給しています。何を買った?などSlack上も盛り上がってましたね。

また、エウレカでは男女関係なく、育休を取得することが当たり前のカルチャーになっているのですが、去年はエンジニア以外の社員で1年間、エンジニアで半年ほど育休を取得していた社員もいます。


――どうしてこのような手厚いサポートや仕組みを整えているのでしょうか。

エウレカのミッションは、「人生に『あってよかった』と思ってもらえるものを。」としています。

福利厚生を作ったきっかけは、このミッションをベースにして、“仕事をしているときに諦めて欲しくない”と考えているからです。


――“諦めてほしくない”とはどのようなことでしょうか。

例えば、自分が本当に勉強したいことのためサーバーを借りたいとき、サーバー代を自分の給料から出すとなると躊躇ってしまうじゃないですか。

そういったところで、躊躇って諦めて欲しくないです。

他にも、例えばお子さんが風邪をひいてしまったときやパートナーが妊娠したとき、出産するときは、第一に仕事を持ちにくいと思うので、育休などご家族にフォーカスした制度を用意しています。

勉強したいけど躊躇ってしまう、家族がいるから、子どもができたからという理由で諦める、というのは徹底的に排除していくことを大切にしていて、これはエウレカのミッションをベースにしているからです。

技術を使って誰かを幸せに、誰かのライフステージを変えていきたい、そんなエンジニア。

――エンジニアがエウレカで仕事をする魅力はなんでしょうか。

エンジニアとして常にチャレンジする環境で仕事ができることだと思います。

それは、パフォーマンスが出ていれば新しいチャンスが与えられますし、裁量を渡してくれる会社なので魅力だと思います。


――先程、キャリア面でも機会を与えるというお話がありましたが。

そうですね、例えばエンジニアで「サーバーサイドから違ったポジションやってみたいな」という要望があったとき、その人のキャリアを考えて必要なことであればすぐ提供してくれる会社だと思います。

一番大事なのは、その人が“将来どうありたいのか”を形になるうえでお話をするので、自分が待っているキャリアの軸がしっかりとあればウェルカムです。


――面談みたいな会話をする機会はあるのでしょうか。

面談や1on1は定期的に行っています。

それ以外にも僕が気軽に色んな人とコミュニケーションを取っているので、困ったことがあれば気軽にZoomで話したり、すぐに相談できる近い関係性だと思います。


――エウレカで一緒に仕事をしたいエンジニア像はどうお考えですか。

“技術を使いたい”というよりかは、“技術を使って誰かを幸せにしていきたい”や“誰かのライフステージを変えていきたい”そんな思いがあること。

そして、技術を目的と手段として、自分のプロフェッショナルなスキルを発揮して達成していくエンジニアの方と一緒に仕事をしたいと思っています。


――エウレカではそんなエンジニアを採用しているのでしょうか。

そうですね、エンジニアとして技術力があるということは大事ですが、他にも意識していることもあります。


――どういったところを。

まずは、エウレカのミッションとビジョンに共感していただき、“サービスを使っていただいている方を幸せにしていこう”と考えていただける方です。


Mission:人生に「あってよかった」と思ってもらえるものを。
Vision:かけがえのない人との出会いを生み出し、日本、アジアにデーティングサービス文化を定着させる。


そして、エンジニアだけでなく、プロダクトマネージャーやデザイナー、マーケティングなど様々な職種の方とコミュニケーションを取って開発ができるエンジニアを採用しています。


株式会社エウレカCTO金子 慎太郎さん

2010年:東京理科大学理学部を卒業後、組込み系企業に入社。
2011年:カナダ留学。帰国後、東京理科大学の研究室OBとして非線形最適化理論の研究とアルゴリズムの開発に携わる。
2012年:株式会社エウレカに入社。「Pairs」の立ち上げメンバーとして開発に参画。
2016年:執行役員CTOに就任。
2017年:取締役CTOに就任し、全事業の技術戦略とエンジニア組織を統括、推進している。

株式会社エウレカ